2004.10.19

娘1号のスウィートな秋

「ほな書き」ファンの皆様には、えむ子は
 ①娘1号に毎日「うめぼちごあん」を食べさせている
 ②娘1号に毎日プチトマトを食べさせている
 ③娘1号に毎日ぎょーざを食べさせている
 ④娘1号に毎日納豆を食べさせている
 ⑤娘1号に毎日スパゲッティを食べさせている
こんな手抜き主婦だと思われているでしょう...
①、②はその通り。④もまぁまぁあたり。③、⑤は...たまにあたり。
でもちゃんとそれ以外のものも食べさせています。

食欲の秋ですから、たまには違った御題でもよろしいのでは?と、今日は甘いものを作ったレポートはいかがでしょう?。

便利な世の中になったので、3歳の娘1号でも「おやつ作ったよ!」という気分が味わえるものがいろいろ売っています。
家でよくやるのは「フルーチェ」と「モコモコ」。
でも今日はもうちょっと頑張ってみました。

今日はりんごのケーキに挑戦。
紅玉は皮をむいて、8つに割って薄切りして塩水にくぐらせて、準備完了。
ホットケーキミックスをボウルに入れて、娘1号の前に設置。
卵を持ってくると、娘1号は割りたくてあちこちにコンコンぶつけています。ちょっとまったー!
万一に備えてテーブルの下に広告を敷いた後で、卵を割らせました。
娘1号は卵割が初体験。力加減も知らずにクラッシュさせないように指導するのはなかなか大変です。
机の角はやわらかくて、卵をぶつけてもヒビが入らず、ボウルの縁でヒビを入れて、指をかけて...
「ぐしゃ!」
いやーな音がしましたが、卵は無事、ボウルの中へ収まりました。(でも殻はかなりなへしゃげ方をしていました。)
CIMG4746Tm.JPG


まぜて混ぜて、牛乳150ccも入れて混ぜて、りんごも適当に入れて...
紙のパウンド型に移すときが、えむ子が「きーっ」となる要注意ポイント。
案の定、娘1号はお玉ですくって速攻でパウンド型へぼとっ!。
「あー垂れる!」「こぼれた!」お玉の中身を振り落とそうとして「後ろへ飛んだ!」
タネのしずくが止まるのを待つ、とかそういう高度なことができません。
それでもなお自分でやりたがる娘1号。彼女の手を握って制御しました。

八分目まで入れて、オーブントースターでホイルをかぶせて15分+ホイル取って3分。
あんまりおいしくなさそうなりんごのケーキができました。
CIMG4756m.JPG

残ったタネは紙カップに入れてレンジで加熱。
(こっちの方がずっと楽)
パウンド型のは明日のおやつにして、今日はこっちを食べました。
紙をむいてやったら、紙にたくさんついている...
「こっちから食ーべよ」と紙をしゃぶる娘1号でした。
お行儀悪いけどついついやってしまうこの行為。
私は娘1号の前ではやらないように気をつけていたはずだけど、やっぱり本能でやってしまうのでしょうか?
CIMG4754Tm.JPG

最後の最後に残ったタネで作ったカップの分は「おとーたんの分ね」
後で帰ってきたダンナは、娘1号の前ではニコニコ食べていましたが、私には「なんか粉っぽくないか?」とボソリ。
娘1号が混ぜたからなー...ダマになったのが沈んでいたのでしょう。

この後食べた夕飯は、またしてもギョウザでした。
昨日の夜、娘1号と作って、「残りはまた明日食べよう!」というわけで、昨日・今日と2日連続でギョウザでした。
火曜もギョウザ買って、娘1号は火曜・水曜もギョウザ食べたので、今週は4回食べてるな...
やっぱり「ギョウザばっかり」かも。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.18

私のカレーな日々

またカレーネタか?などと言わんで下さいまし。
昨日は待ちに待った、ナマステ★インディア2004開催日。
毎年10月にたった1日だけ東京築地本願寺で開催される。
このイベントの魅力は入場無料で1日中たっぷりと、いろんなプログラムを楽しめる所かな。有名インドレストランも6件ぐらい出店していて、旨いカレーもグー。インドおもしろグッズのお店を覗くのも楽しい。

当日は朝食抜きで10時会場入り。いの一番で目指すは「ア○○○○」のカレー。
キーマ大好き人間の私が、文句なしの断トツに推すのが、ここのキーマカレーです。
辛さは何せ半端ではなく、1口食べると薬膳効果で全身の毛穴が開く。まさに「体に効くー!旨すぎー!」って感じ。お店では高いが、去年このイベントで500円で食べられた喜びアゲイン、と思いきや今年はキーマがない。ボリュームも減って、しかも値上がりの700えーん!
仕方なくチキンカレー食べたが、うーん…。画像も不要、来年からは考え直す。

昼はこれまた有名店「リトル・インディア」でキーマ&バターチキン&パトゥーラで計500円也。
Little_India.jpg
キーマ(右)はマトンで若干臭みはあるが、辛さもいい感じでグー。バターチキン(左)は大当たりの掘り出し物でした。辛さはマイルドですが、生クリームとの相性ばっちりですんごくコクと旨みがある。朝のリベンジ早くも達成で大満足。

腹ごなしに、出店していたお店を覗いていたら、店名に思わず爆笑。その名もインドジン・ドットコム。そこでMTR社製のレトルト・カレーを売っていたが、メチャメチャ安い。
1人前140g入りで150円。2人前300g入りで300円。(特売との事)
値段につられ、だまされたと思って私はパーラクパニール、嫁がナヴラタンコルマ、さらに2人前のダールマカーニを買う。計600円。

朝、昼とカレーが続いたのに、帰りにナンを仕入れて夕食はまたもやカレー。
mtr.jpg
右が私のパーラクパニール(ほうれん草とカッテージチーズのカレー)、左が嫁のナヴラタンコルマ(野菜とドライフルーツのクリーミー仕立てのカレー)。
この勝負は、僅差で嫁の勝ちでした。チーズのとろっとした舌ざわり&野菜の甘みで、さほど辛くは無いが、レトルトとは信じられないぐらいの超美味しさ。これは絶対にお奨めの一品です。

おそらく近日中に2人前のダールマカーニも食べると思います。美味しかったらレポート入れますね。1日3食カレーでお前らはアホか?と言われてもかまいません。インド滞在中は連続20食以上カレーでも全然OKの夫婦です。

参考までにインドジン・ドットコムのホームページはこちらです↓
http://www.indojin.com/shop-online/catalog/default.php?language=jp
さぁさぁ、覗いてみて下され。本格派のインドのレトルト・カレーが安いだしょ?

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.10.16

浪速レポート14 道頓堀極楽商店街4

江戸レポート書くとまた、えむ子ちゃんのツッコミ入りそうやね。(笑)
んなわけで今日は真面目に浪速レポート書きまっか。

前回までの4品に加えて、その他にも我々は「百々屋」の手羽チョボ揚げ、「喜八州総本舗」のみたらし団子、「新吉士小籠堂」の小籠包、などなど食いに食いまくりました。なぜ後半アバウトになったかと言うと、どて焼きを食べてから生ビールで乾杯したからです。えへへ。

「百々屋」の手羽チョボ揚げはビールのつまみに最高でしたねー。和菓子苦手な私はみたらし団子を土Kちゃんにあげると、それをつまみにビール飲んでました。

「新吉士小籠堂」の小籠包は、一口齧ると肉汁がこぼれおちるぐらいにジューシー。
皮は柔らかく、底はパリパリに焼けている生地もグーでした。後日551蓬莱も食べた嫁曰く「どちらもそれぞれに美味しい」との事。具体的に言えっちゅーの!

豪快に小籠包を頬張る土Kちゃん。丸飲みしそうな勢いでしょ?
ooguchi.jpg
そんなわけで4回に分けてご紹介した、道頓堀極楽商店街は絶対にお薦めのスポットですぞ。

唯一残念だったのが、テイクアウトできないお店が何店かあって、わいこちゃん超お薦めの梅田の有名うどん店「はがくれ」もそうでした。お店で食べるしかないです。

パンパカパーン~♪、ここまでの成果発表!4人x3回買出し=12品。そのうちの6割は確実に土Kちゃんの胃袋に。げげっ、彼一人で約7品以上食ってる!逆に言えば彼がいなければ12品も味見を出来なかったって事なのねー。

彼がいてくれるとみんなハッピー間違いなし!でもまだ食い倒れは続きます・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.15

浪速レポート13 道頓堀極楽商店街3

いやー、すっかり忘れてました浪速レポート。
江戸レポートも始まって、ややこいったらありゃしない。って私が悪うござんす。書いてていつも思うのですが、行ってない人たちにはたいへん申し訳ございません。

今回はわいこちゃんの同居人さんが買った「やまちゃん」のたこ焼きとわいこちゃんが買った「よりみちや」のどて焼きについて紹介します。

「やまちゃん」のたこ焼きはソースを付けないで食べるタイプのたこ焼きです。
そういえば会津屋のたこ焼きもソース付けなかったなぁ。そういうお店って大阪にも何軒かあるんだよね。全10個入りですが、すでに土Kちゃんが1個試食済み。
yamacyan.JPG
お味の方はとってもあっさりしてて、生地にしっかりと味が染み込んでいました。確かにソース付けないでもこれならOKかなって感じです。
ちなみに4人が1個づつ食べて残り6個はまたもや土Kちゃんの胃袋へ・・・。

「よりみちや」のどて焼きは牛スジをじっくりと煮込んであり、噛まないでも食べられる位の柔らかさが魅力でした。
yorimichiya.JPG
さらに私は甘辛いどて味噌の旨さに病みつきに。
思わず「七味が欲しいなぁ、ビールも飲みたいよー。」とおやぢモード全開。
このお店は新世界にあるらしいのですが、この前紹介した串かつといい、このどて焼きといい、大絶賛。さすがにディープな新世界は、ディープなおやぢと相性ばっちり。

また行って今度は本店で食べなくっちゃ!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.14

江戸レポート1 御徒町

さーて今日からいよいよ江戸レポートの始まりでござるよ。
第1回目の今日は御徒町。先週デジカメのバッテリー切れで写真が撮れず、へこみまくった私らはリベンジに繰り出しました。

今日のお目当ては知る人ぞ知るインド・パキスタン料理「デリー」。最寄り駅は湯島の方が近いかな?御徒町からでも6,7分でしょうか。お店へ着くといつも行列の最後尾です。
gyoretu.jpg

このお店の人気No1はサラサラでスパイス強烈の「カシミール・カレー」ですが、5つ星の超極辛。私はOKですが、嫁は辛すぎて大汗だらだらのNGです。辛さに自信ありの上級者向け。

この日食べたのが私イチ押しで辛さ2つ星の「コルマ・カレー」
corma.jpg


コクがすごくあって、とろーりとして、スパイスが神秘的なまでの奥深さ。ひとさじ口に運ぶと「むふふーん」とニンマリでほっぺが落ちます。7年前にインド旅行でさんざんカレーを食べたけど、こんなタイプもめちゃ好きやわ。ちなみにパキスタンのカレーです。

嫁が食べたのが辛さ1つ星で女性に人気の「ベンガル・カレー」
bengal.jpg


トマトの酸味と野菜の甘みとスパイスの旨み、さらに海老入りと欲張りなレディーにぴったりの一品ではないでしょうか。辛さ1つ星などとナメたらいけません。けっこうピリピリしますよ。嫁曰く「1つ星ですっかり油断してたわ。でも美味しい!」と大汗かいてました。

ちなみにお値段は両方とも900円。ボリュームもたっぷり&スパイスふんだんなわりには実にお手ごろです。
このお店の辛さの基準は星が1つでも2つでも大差ないです。ただ間違いなく言えるのは5つ星の「カシミール・カレー」は超極辛間違いなし!

うっかり頼んで火を吹かぬようご注意くだされ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.10.12

F&F嫁のぎょーざな日々

雑誌でお鮨が特集されれば、お鮨づくし。TVでパスタレポートがあれば連日パスタと
洗脳に弱いタイプのFですから新旧「ほな書き」の餃子ネタにハマるのは必然といえましょう。亀戸餃子で2度目の8皿をクリアして勢いづく夫婦は(オノレだけじゃby嫁)
千葉市内某所に出没したのでした。

Fの職場のひとつがある駅から徒歩2分、「○○ハマ」があります。一見ネオンがダサイ、街の中華料理屋ですが、味は本格的です。厨房では日本語がひとつも聞こえません。給仕は大陸系のキレイなお姉さんとその妹が交代で務めます。

ここでのオーダーは「焼き」でもなく「水」でもない「スープ餃子」です。これは店のメニューにはありません。もともとここの水餃子は茹でて平皿にもり、黒酢で食べさせる本格的なものでした。が、日本人はあまり黒酢が好きではなかったのか頼む客が少なく、今は普通の醤油、酢に生姜をつけて食べます。旨い水餃子はほとんどそうですが、肉厚の皮がもっちりしてグーです。わいこちゃんの表現を借りれば「とぅるん」としております。

おしゃベリーなお姉さんが言うことには、出身地の人々はほとんど焼き餃子は食べないそうです。これはよく言われる事ですよね。じゃ水餃子なのかといえば「否」 正解は
白湯スープで餃子を茹でる「スープ餃子」だそうです。それ作ってくれる?と聞くと、お姉さん速攻で厨房に頼んでくれました。それ以来、「スープ餃子」が大好きになりました。
s_gyoza.jpg

結論から言って、たいへん美味しい。ちょうど良い塩加減の透明なスープにもっちりした皮がベストマッチ。まさに「とぅるとぅるん」です。そしてただでさえジューシーな具がスープを吸いまくって、たいへんな事になっております。もちろん何もつけずにそのままで美味しくいただけます。これで1人前6個で420円は安い。

ホントは餃子だけシコタマ食べたいところですが、この店は罪作りで他のメニューも旨いんですわ。臓物系がダメな嫁(ん~?どっかで聞いた話だ)が子袋の前菜をガッツリ食します。
kobukuro.jpg

ビールいくらでも持ってこんかいッという感じ。最後は絶品焼きビーフンをいただいて大満足。スタンプカードもしっかりと押してもらいました。

自宅では味覇(うぇいぱー)という中華スープの元を使って市販の餃子でもチャレンジします。チンゲン菜とか野菜をたくさん入れてね。日本では「焼き餃子」を食べることが一番多いと思いますが、たまには変わった餃子もいかがでしょうか。

あぁ~でも大阪の一口餃子みたいな「カリッ」としたのも好きなんだよねー。結局美味しければなんでも良い、ということでお粗末!

| | Comments (16) | TrackBack (1)

2004.09.10

乾杯inXXXX

これから大阪遠征でーす。
帰ってきたらup予定でござる。

の予定がほな書き2号が復活。
詳細はそちらで・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.17

我が家も餃子パーティー

昨日の昼前に大阪のY子ちゃんのblogを見て、よだれが止まらない私。我が家でも餃子パーティー開催を即決。ちょうどお盆休み最終日だったので、午後から嫁と食材の買出しに行ってまいりました。

特大の肉餃子と小ぶりな野菜餃子の2種類を、調理担当の嫁が作りました。私は指先が不器用なので「うまく包むもんだね。よーっ日本一!」などと外野でヨイショ専門。

ところが焼く段階になると私の出番。この時ばかりは眼光鋭く、汗だくでフライパンに付きっきり。餃子は中身がジューシー&皮はこんがりきつね色で、カリカリしてなきゃ絶対に納得出来ません。

我が家では野菜餃子は油控えめで、肉餃子は焼きあがりのゴマ油の風味付けがポイント。でも他の料理には全く無頓着な私。愛しの餃子ちゃんの時だけは、いつも命懸けの真剣勝負です。

gyoza.jpg

左の肉餃子が肉たっぷりで綺麗に並ばずコケまくり。蛍光灯の下で撮影の色もイマイチですが、焼き色が旨そうに見えるでしょうか。
えっ、味ですか?自画自賛のパーフェクトでございました。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

2004.08.02

今日のランチ

今日はFご夫妻お勧めの検見川のインド料理店へ行ってまいりました。
タンドリーチキンが抜群に美味しいと教えていただいたので、
嫁がタンドリーチキンのランチセット

tandoor.JPG

私が2種類のカレープラスナンのセット

keema.JPG

を注文。このボリュームは、まさにインド人もびっくり!
タンドリーチキンの美味しさは本当に絶品でござんした。

平日の昼間なのに、お客は途切れることがなく常に満席。
美味しいお店を教えていただきありがとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (2)