« September 2004 | Main

2004.10.27

2号店に復帰です

みなさま、いつも「ほな書き」をごひいきにしていただき、誠にありがとうございます。m(__)m
「ほな書き2号店」の夜間~深夜の強烈な重さも10月15日ぐらいから徐々に改善されてきました。

その日は奇しくも日本プロ野球組織による第2回の公開ヒアリング後の深夜と偶然?重なり、それ以降、夜間&深夜にテストlogを毎日upしても問題は出ませんでした。

1週間テストをして、問題がなければ復帰しようと思っていましたが、念のために、今週月曜日の深夜から早朝にかけてのメンテナンスの結果を見てから判断することにしました。今現在問題はないようです。

そんなわけで明日のlogから「ほな書き2号店」へ復帰させていただくことにしました。
どこでまたどんなトラブルがあるかわかりませんが、どっちかで必ず書いていますので、今後とも皆様よろしくお願いいたします。m(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 2号店はこちらです ↓↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/honakaki_2gou/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まぼろしの

嫁logNO15
「ほな書き」を始めてしばらくたった頃、すとれっちが
「祝 100件目のコメント、をやろう」と言い出しました。つまり、100件目のコメントを寄せてくれた方に、ざぶとん大盤振る舞いするというものです。

え?そんなのあった?

100件目のコメントが近づいてきた日、すとれっちが、それはもうしつこく
「あと少しで100件目だから、うかつにレスコメント返すなよ」と本当にしつこく、私に言い続け‥。両生類的なしつこさでした。

その翌日、100件目コメントが入ったのか、誰なのか見てみると、おまえかーい、すとれっち。
彼は、自分の行為に「うふふ」とか照れながら、自分で受けていました。

というわけで、「祝 100件目コメント」、今度こその「祝 200件コメント」、更には、つい数十分前の「祝 300件目コメント」もすとれっちがレスコメントしていた事が判明し、幻に終わりましたとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.26

西武日本一

今年の日本シリーズはとても面白かったなぁ。
2試合ほど飲んでて見られなかったが、見た5試合全部素晴らしかった。

第2戦で大輔を打ち砕いた恐竜打線がシリーズの流れをつかむかと思いきや、第3戦カブの一振りで流れを呼び戻した。4、5戦目に恐竜打線爆発で先に中日が王手。西武は先発、中継ぎ陣崩壊&打線不振で土俵際へ。

第6戦は大輔が気迫の投球で逆王手。そしてベテラン石井貴がまたもや中日打線を抑え12年ぶりの日本一。
中日は昭和29年以来50年ぶり日本一の悲願かなわず。

勝ったライオンズ、日本一おめでとう!過酷なプレーオフ&シリーズをフルに戦い抜いたタフネスぶりには脱帽。
負けたドラゴンズ、来年はこの悔しさをバネに日本一目指してがんばって下さい。

今年は野球に集中できずにさんざん嫌な思いをしてきたが、シリーズ見ててやっぱり野球って素晴らしいスポーツだと再認識させられました。両チームのみなさん、素晴らしい日本シリーズを見せてもらいました。ありがとう。

来年以降も残る球団って羨ましいよなぁ~。バファローズ消滅でトホホの私は来年どないしようか、相変わらず深ーいため息とともに苦悩の日々の連続でござる。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

2004.10.25

今日はおさぼり

今日は昨日の某大道芸ネタでいいっしょ。
日付が変わったら更新予定だったけど、嫁が張り切って昨日UPしちゃった。(^^;)

んなわけで、私はこれから日本シリーズ最終戦を、のんびりTV観戦しちゃいます。
今日だけすとれっち改め、さぼりっちなーんちって。ニンマリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.24

大 大道芸

嫁logNO14
今日は、いつもの大道芸とはちょっと違って、3倍の芸人さんたちが集まったイベントでした。今日は、ダンサーは4人。うち3人は、初めて披露する踊りに緊張気味。

先月に引き続き、お子様たちには、大人気。若い男性(推定年齢3歳)からは、熱い投げキッスを3回ほど、若い女性(推定年齢4.5歳)からは「上手でちた」のお言葉をいただきました。

また、本当に若い男性(10代)はすれ違いざまに「プリンセステンコーみたい」
以前「苦手な場所」のコメントで、かなり盛り上がったアイラインの話題を思い出し、舞台メイク的には、大成功なんじゃないかしら、と満足。

そして、恒例の反省会。久々に被害者の会、M君(中央)参加です。お久しぶり~!

higaisya6.jpg

反省会では、飲んだり、バクバク食べながら、会の男性陣が撮ってくれたビデオ(いつもの事ながら、ありがとうございます)をチェックし、反省。しかし、反省するも、酔っているので‥。
今度、しらふの時にもう一度、チェックする必要があるかと思われます。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

某大道芸

今日は某大道芸。
帰宅後嫁がup予定でござる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.10.23

体鍛えなきゃ

久々のフィットネスネタ。約3ヶ月ぶりなのねー、びっくり。

8月6日に悪夢の頚椎捻挫。ジムに復帰して間もなく9月8日にぎっくり腰。
先週からやっとこさ、エグ○スに完全復活。
「1カ月以上休むと筋力が落ちるわよ。」などと嫁に脅かされ覚悟はしてたが…。

バイクの持久力は一気に3ランクダウンの「普通」に。特に最後の3分間は140Wの負荷がメチャきつい。心拍数はなんと150まで上昇!
「おまえは鬼か?なんでこんなにきついんじゃー!」ってこぎながら、ぜーぜー息切れ。またSenohのバイクを睨み続ける日々になるのねー。

マシンジムも悲惨で軒並み筋力ダウン。特にショルダープレス(バーを持ち上げて肩の筋力を鍛える)で最大20Kgも筋力おちてた。大阪でわいこちゃんに自慢した二の腕の筋肉よ、いずこへ?

今年の4月に通い始めてから半年でまた元に戻っちゃった。(*_*)
新人の気持ちでリスタートでござる。さてと、支度しなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.22

再会

昨日は学生時代の友人、静岡のK島くんと約10年ぶりの再会。
彼は都内で開催された某セミナーに参加するために久々の上京。

会う前は顔がわかるかどうか不安だったが、すぐわかり、いきなりバカ話。おつむの程度は学生時代とお互い変わらん。(^^;)

K島:「おまえ娘がいるのになぜ教えんかった!(怒)」
私:「はぁ?」
K島:「ほな書きを嫁と読んでたら、あんた何で知らんの!って言われた。」
そこで私はピンときた。福岡のえむ子ちゃんの娘1号ちゃんを私の娘と勘違いしていたらしい。事情を説明して納得させた。おいおい、ちゃんと読んでくれー!

久々の再会を祝い某居酒屋で乾杯!(画像加工by私)
KJIMA.JPG
彼は嫁の画像加工技術をさかんに褒めていたが、よくよく聞くと大阪の天才わいこちゃんの作品と判明。おいおい、それもちゃんと読んでくれー!

自分でもビックリするぐらい、たくさん思い出したおバカな昔話が楽しかった。
今を生きるおやぢ同士の熱い会話も面白かった。
昨年誕生した御長男のケータイの画像を私に見せてくれた時は、細い目がなくなって可愛かったよ。

今回はご家族には残念ながらお会いできませんでしたが、今度はご家族でぜひ遊びに来てください。
静岡のK島くーん、ありがとね。とっても楽しかったよ。再見!(^^)v
そしてK島嫁さまー、腰痛が早く良くなります様に祈っております。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2004.10.21

欲しいなぁ

これが予約受付開始されたのも知ってたけど・・・。
これが発売延期になったのも知ってたけど・・・。
これが先々週やっと発売されたのも知ってたけど・・・。

AOpen製Pentium Mマザーボード「i855GMEm-LFS」いいなぁー!

http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2004/10/07/651909-000.html

Micro ATXでもええねん。AGP4xでもええねん。ICH4-Mでもええねん。
低消費電力&静音&ハイパフォーマンスで垂涎の的。
くーーーーっ、使ってみたいよーーーー!

でもさー、いくら安くなったとは言え、マザー1枚で29,800円は高すぎ。
んでDothan1.6GHzが24,000円。DDR1GBが20,000円。
合計すると73.800円かぁー、買えん!(@_@)

やっぱし寂しく3万円換装計画しか選択肢がなかった我が家。
虎視眈々と次期プラットフォームを睨み続ける日々は続く。
いったん破棄したはずのNetBurstまだ続いちゃうの?
それでデュアルコア大丈夫?メインストリームはなんだかなぁ・・・。

Pen Mベースよ、がんばってくれー!大ブームを巻き起こせー!
そしてじゃんじゃん安くなれー!おぢさんに愛と夢をくれー!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.10.20

感動!!

嫁logNO13
日曜日に、ナマステ・インディアに行きました。カレーを食べてただけではなく、インド文化にも触れて?来ました。

今年は「ゴティプア舞踊団」と「ラージャスターン舞踊団」の2つが招待されていて、楽団の生演奏でとっても素晴らしかったです。あまりに感動したので、偶然次の日に近くで公演をすると聞き、前売り買って見に行ったほどです。

gotipua.JPG

写真は、「ゴティプア舞踊(ナマステ・インディア)」です。女性の衣装ですが、踊っているのは少年たち。14歳と16歳だそうです。この踊りは4台聖地の一つ、ジャガンナート寺院での奉納舞踏で、少年たちは、6歳位からヨーガの厳しい修行をし、18から20歳位まで踊るのだそうです。

逆光ですが、これは「バンダ・ヌリトゥヤ」という踊りで、踊りの中でこのようにアクロバティックなポーズを10回行います。10番目のポーズ、並列してブリッジをした上に、橋のように一人ブリッジ、そして、その上に笛を吹くクリシュナ神。少年とは思えない、かわいらしい表情と、優雅な手の動き。

「ラージャスターン舞踊」の音楽は、長く宮廷で歌われていたもので、踊りは小さいミラーや刺繍、銀製の飾りを沢山つけた派手な衣装で激しく踊ります。イメージはジプシー。楽団の団長の、まだ幼い男の子が、エンターテイナーぶりを発揮していて、楽しませてくれました。ダンサーは、女性です。

「蛇使いのジプシーの踊り」では、2つの指輪を床に置き、それをブリッジして顔を近づけ、まぶたに挟んで起き上がり、目をつぶって指輪をはさんだまま踊る、というシーンもありました。

言葉がたくさんあるように、踊りもたくさんあるんですね。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

2004.10.19

娘1号のスウィートな秋

「ほな書き」ファンの皆様には、えむ子は
 ①娘1号に毎日「うめぼちごあん」を食べさせている
 ②娘1号に毎日プチトマトを食べさせている
 ③娘1号に毎日ぎょーざを食べさせている
 ④娘1号に毎日納豆を食べさせている
 ⑤娘1号に毎日スパゲッティを食べさせている
こんな手抜き主婦だと思われているでしょう...
①、②はその通り。④もまぁまぁあたり。③、⑤は...たまにあたり。
でもちゃんとそれ以外のものも食べさせています。

食欲の秋ですから、たまには違った御題でもよろしいのでは?と、今日は甘いものを作ったレポートはいかがでしょう?。

便利な世の中になったので、3歳の娘1号でも「おやつ作ったよ!」という気分が味わえるものがいろいろ売っています。
家でよくやるのは「フルーチェ」と「モコモコ」。
でも今日はもうちょっと頑張ってみました。

今日はりんごのケーキに挑戦。
紅玉は皮をむいて、8つに割って薄切りして塩水にくぐらせて、準備完了。
ホットケーキミックスをボウルに入れて、娘1号の前に設置。
卵を持ってくると、娘1号は割りたくてあちこちにコンコンぶつけています。ちょっとまったー!
万一に備えてテーブルの下に広告を敷いた後で、卵を割らせました。
娘1号は卵割が初体験。力加減も知らずにクラッシュさせないように指導するのはなかなか大変です。
机の角はやわらかくて、卵をぶつけてもヒビが入らず、ボウルの縁でヒビを入れて、指をかけて...
「ぐしゃ!」
いやーな音がしましたが、卵は無事、ボウルの中へ収まりました。(でも殻はかなりなへしゃげ方をしていました。)
CIMG4746Tm.JPG


まぜて混ぜて、牛乳150ccも入れて混ぜて、りんごも適当に入れて...
紙のパウンド型に移すときが、えむ子が「きーっ」となる要注意ポイント。
案の定、娘1号はお玉ですくって速攻でパウンド型へぼとっ!。
「あー垂れる!」「こぼれた!」お玉の中身を振り落とそうとして「後ろへ飛んだ!」
タネのしずくが止まるのを待つ、とかそういう高度なことができません。
それでもなお自分でやりたがる娘1号。彼女の手を握って制御しました。

八分目まで入れて、オーブントースターでホイルをかぶせて15分+ホイル取って3分。
あんまりおいしくなさそうなりんごのケーキができました。
CIMG4756m.JPG

残ったタネは紙カップに入れてレンジで加熱。
(こっちの方がずっと楽)
パウンド型のは明日のおやつにして、今日はこっちを食べました。
紙をむいてやったら、紙にたくさんついている...
「こっちから食ーべよ」と紙をしゃぶる娘1号でした。
お行儀悪いけどついついやってしまうこの行為。
私は娘1号の前ではやらないように気をつけていたはずだけど、やっぱり本能でやってしまうのでしょうか?
CIMG4754Tm.JPG

最後の最後に残ったタネで作ったカップの分は「おとーたんの分ね」
後で帰ってきたダンナは、娘1号の前ではニコニコ食べていましたが、私には「なんか粉っぽくないか?」とボソリ。
娘1号が混ぜたからなー...ダマになったのが沈んでいたのでしょう。

この後食べた夕飯は、またしてもギョウザでした。
昨日の夜、娘1号と作って、「残りはまた明日食べよう!」というわけで、昨日・今日と2日連続でギョウザでした。
火曜もギョウザ買って、娘1号は火曜・水曜もギョウザ食べたので、今週は4回食べてるな...
やっぱり「ギョウザばっかり」かも。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.18

私のカレーな日々

またカレーネタか?などと言わんで下さいまし。
昨日は待ちに待った、ナマステ★インディア2004開催日。
毎年10月にたった1日だけ東京築地本願寺で開催される。
このイベントの魅力は入場無料で1日中たっぷりと、いろんなプログラムを楽しめる所かな。有名インドレストランも6件ぐらい出店していて、旨いカレーもグー。インドおもしろグッズのお店を覗くのも楽しい。

当日は朝食抜きで10時会場入り。いの一番で目指すは「ア○○○○」のカレー。
キーマ大好き人間の私が、文句なしの断トツに推すのが、ここのキーマカレーです。
辛さは何せ半端ではなく、1口食べると薬膳効果で全身の毛穴が開く。まさに「体に効くー!旨すぎー!」って感じ。お店では高いが、去年このイベントで500円で食べられた喜びアゲイン、と思いきや今年はキーマがない。ボリュームも減って、しかも値上がりの700えーん!
仕方なくチキンカレー食べたが、うーん…。画像も不要、来年からは考え直す。

昼はこれまた有名店「リトル・インディア」でキーマ&バターチキン&パトゥーラで計500円也。
Little_India.jpg
キーマ(右)はマトンで若干臭みはあるが、辛さもいい感じでグー。バターチキン(左)は大当たりの掘り出し物でした。辛さはマイルドですが、生クリームとの相性ばっちりですんごくコクと旨みがある。朝のリベンジ早くも達成で大満足。

腹ごなしに、出店していたお店を覗いていたら、店名に思わず爆笑。その名もインドジン・ドットコム。そこでMTR社製のレトルト・カレーを売っていたが、メチャメチャ安い。
1人前140g入りで150円。2人前300g入りで300円。(特売との事)
値段につられ、だまされたと思って私はパーラクパニール、嫁がナヴラタンコルマ、さらに2人前のダールマカーニを買う。計600円。

朝、昼とカレーが続いたのに、帰りにナンを仕入れて夕食はまたもやカレー。
mtr.jpg
右が私のパーラクパニール(ほうれん草とカッテージチーズのカレー)、左が嫁のナヴラタンコルマ(野菜とドライフルーツのクリーミー仕立てのカレー)。
この勝負は、僅差で嫁の勝ちでした。チーズのとろっとした舌ざわり&野菜の甘みで、さほど辛くは無いが、レトルトとは信じられないぐらいの超美味しさ。これは絶対にお奨めの一品です。

おそらく近日中に2人前のダールマカーニも食べると思います。美味しかったらレポート入れますね。1日3食カレーでお前らはアホか?と言われてもかまいません。インド滞在中は連続20食以上カレーでも全然OKの夫婦です。

参考までにインドジン・ドットコムのホームページはこちらです↓
http://www.indojin.com/shop-online/catalog/default.php?language=jp
さぁさぁ、覗いてみて下され。本格派のインドのレトルト・カレーが安いだしょ?

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.10.17

そこに山が‥

嫁logNO12
16日付けの新聞で、こんな記事を見つけました。
『4大学混成隊が登頂』 - 4つの大学の山岳部の学生5人(日本人)が、ネパールの未踏峰チブヒマールの登頂に成功したという記事です。シェルパを雇わなかったそうです。
シェルパを雇わなかったということは、荷物や食料を自分で持って、登山進路の偵察も自分たちでしたということで、私の少ない知識では凄い事のように思います。

これを読んで、思い出した本が2冊あります。
「エヴェレスト登頂成功」というニュースの後に「遭難」というニュースが流れた、96年のエヴェレスト登山について書かれた本
『空へ』と『デス・ゾーン』です。

私自身は、本格登山などした事もなく、知識もなく、遠い世界なのですが、この本を読むと、単にロマンだけではすまないし、エヴェレスト登山自体が1つの大きなお金を生むビジネスになっている事を知りました。

この2冊の著者は、生還した人です。一人はジャーナリスト、一人はツアーガイド。
『デス・ゾーン』の著者(ツアーガイド)は、『空へ』で批判されていて、それを受けて本を書いているので、内容に食い違いもあります。それぞれの立場なのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.16

浪速レポート14 道頓堀極楽商店街4

江戸レポート書くとまた、えむ子ちゃんのツッコミ入りそうやね。(笑)
んなわけで今日は真面目に浪速レポート書きまっか。

前回までの4品に加えて、その他にも我々は「百々屋」の手羽チョボ揚げ、「喜八州総本舗」のみたらし団子、「新吉士小籠堂」の小籠包、などなど食いに食いまくりました。なぜ後半アバウトになったかと言うと、どて焼きを食べてから生ビールで乾杯したからです。えへへ。

「百々屋」の手羽チョボ揚げはビールのつまみに最高でしたねー。和菓子苦手な私はみたらし団子を土Kちゃんにあげると、それをつまみにビール飲んでました。

「新吉士小籠堂」の小籠包は、一口齧ると肉汁がこぼれおちるぐらいにジューシー。
皮は柔らかく、底はパリパリに焼けている生地もグーでした。後日551蓬莱も食べた嫁曰く「どちらもそれぞれに美味しい」との事。具体的に言えっちゅーの!

豪快に小籠包を頬張る土Kちゃん。丸飲みしそうな勢いでしょ?
ooguchi.jpg
そんなわけで4回に分けてご紹介した、道頓堀極楽商店街は絶対にお薦めのスポットですぞ。

唯一残念だったのが、テイクアウトできないお店が何店かあって、わいこちゃん超お薦めの梅田の有名うどん店「はがくれ」もそうでした。お店で食べるしかないです。

パンパカパーン~♪、ここまでの成果発表!4人x3回買出し=12品。そのうちの6割は確実に土Kちゃんの胃袋に。げげっ、彼一人で約7品以上食ってる!逆に言えば彼がいなければ12品も味見を出来なかったって事なのねー。

彼がいてくれるとみんなハッピー間違いなし!でもまだ食い倒れは続きます・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.15

浪速レポート13 道頓堀極楽商店街3

いやー、すっかり忘れてました浪速レポート。
江戸レポートも始まって、ややこいったらありゃしない。って私が悪うござんす。書いてていつも思うのですが、行ってない人たちにはたいへん申し訳ございません。

今回はわいこちゃんの同居人さんが買った「やまちゃん」のたこ焼きとわいこちゃんが買った「よりみちや」のどて焼きについて紹介します。

「やまちゃん」のたこ焼きはソースを付けないで食べるタイプのたこ焼きです。
そういえば会津屋のたこ焼きもソース付けなかったなぁ。そういうお店って大阪にも何軒かあるんだよね。全10個入りですが、すでに土Kちゃんが1個試食済み。
yamacyan.JPG
お味の方はとってもあっさりしてて、生地にしっかりと味が染み込んでいました。確かにソース付けないでもこれならOKかなって感じです。
ちなみに4人が1個づつ食べて残り6個はまたもや土Kちゃんの胃袋へ・・・。

「よりみちや」のどて焼きは牛スジをじっくりと煮込んであり、噛まないでも食べられる位の柔らかさが魅力でした。
yorimichiya.JPG
さらに私は甘辛いどて味噌の旨さに病みつきに。
思わず「七味が欲しいなぁ、ビールも飲みたいよー。」とおやぢモード全開。
このお店は新世界にあるらしいのですが、この前紹介した串かつといい、このどて焼きといい、大絶賛。さすがにディープな新世界は、ディープなおやぢと相性ばっちり。

また行って今度は本店で食べなくっちゃ!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.10.14

江戸レポート1 御徒町

さーて今日からいよいよ江戸レポートの始まりでござるよ。
第1回目の今日は御徒町。先週デジカメのバッテリー切れで写真が撮れず、へこみまくった私らはリベンジに繰り出しました。

今日のお目当ては知る人ぞ知るインド・パキスタン料理「デリー」。最寄り駅は湯島の方が近いかな?御徒町からでも6,7分でしょうか。お店へ着くといつも行列の最後尾です。
gyoretu.jpg

このお店の人気No1はサラサラでスパイス強烈の「カシミール・カレー」ですが、5つ星の超極辛。私はOKですが、嫁は辛すぎて大汗だらだらのNGです。辛さに自信ありの上級者向け。

この日食べたのが私イチ押しで辛さ2つ星の「コルマ・カレー」
corma.jpg


コクがすごくあって、とろーりとして、スパイスが神秘的なまでの奥深さ。ひとさじ口に運ぶと「むふふーん」とニンマリでほっぺが落ちます。7年前にインド旅行でさんざんカレーを食べたけど、こんなタイプもめちゃ好きやわ。ちなみにパキスタンのカレーです。

嫁が食べたのが辛さ1つ星で女性に人気の「ベンガル・カレー」
bengal.jpg


トマトの酸味と野菜の甘みとスパイスの旨み、さらに海老入りと欲張りなレディーにぴったりの一品ではないでしょうか。辛さ1つ星などとナメたらいけません。けっこうピリピリしますよ。嫁曰く「1つ星ですっかり油断してたわ。でも美味しい!」と大汗かいてました。

ちなみにお値段は両方とも900円。ボリュームもたっぷり&スパイスふんだんなわりには実にお手ごろです。
このお店の辛さの基準は星が1つでも2つでも大差ないです。ただ間違いなく言えるのは5つ星の「カシミール・カレー」は超極辛間違いなし!

うっかり頼んで火を吹かぬようご注意くだされ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.10.13

苦手な場所

嫁logNO11
普通は頻繁に行く場所なんだけど、私は苦手で1年に1回か2回くらいしか行かない場所があります。
それは、美容院。

親しげに話しかけられるのが、とても嫌。できれば、ポイントだけ教えてもらって、後はほうっておいて欲しいの。楽しい会話は、私は求めません。
明らかに間違った言葉遣いとか、敬語の使い方をしていると突っ込みいれたくなるし、嫌な客に変身してしまいそうになるのです。

また、「カラーリングしたら、似合うと思うな」とか「今、あんまり流行んないんだよね、それ」などと言われると、
「黒髪、ストレートがすきなのよっ!黙ってやってちょうだいな!」と心の叫びが、ちょっと顔に出てしまいます。

あまりにも行かないので、毎回同じ事聞かれてしまい、ますます苦手な場所になっていきます。

もうそろそろ行きたいんだけど、多分行かないでしょう。でも、年内には1回くらい行くと思います、多分。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

こりゃたまらん

昨日の「F&F嫁のぎょーざな日々」は盛り上がったねー。(^^)v
ご夫妻にはこの場を借りて改めて御礼申し上げまする。

みんな餃子大好きでほんとーによかった、よかった。
たまらず昨夜は王将の冷凍ぎょーざを食べて満足。

「いーんです毎日餃子でも。」とえむ子ちゃんのコメントが眠っていた私の「ぎょーざ愛」を呼び起こしてしまった。
週末はうまいぎょーざ食いに行ってレポート入れるからお楽しみに。ヒントだよ↓
syoryu.jpg

先週店の写真は撮ったけど満腹で食べられなかったのよねー。
はよ来い週末&はよ書け嫁。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.10.12

F&F嫁のぎょーざな日々

雑誌でお鮨が特集されれば、お鮨づくし。TVでパスタレポートがあれば連日パスタと
洗脳に弱いタイプのFですから新旧「ほな書き」の餃子ネタにハマるのは必然といえましょう。亀戸餃子で2度目の8皿をクリアして勢いづく夫婦は(オノレだけじゃby嫁)
千葉市内某所に出没したのでした。

Fの職場のひとつがある駅から徒歩2分、「○○ハマ」があります。一見ネオンがダサイ、街の中華料理屋ですが、味は本格的です。厨房では日本語がひとつも聞こえません。給仕は大陸系のキレイなお姉さんとその妹が交代で務めます。

ここでのオーダーは「焼き」でもなく「水」でもない「スープ餃子」です。これは店のメニューにはありません。もともとここの水餃子は茹でて平皿にもり、黒酢で食べさせる本格的なものでした。が、日本人はあまり黒酢が好きではなかったのか頼む客が少なく、今は普通の醤油、酢に生姜をつけて食べます。旨い水餃子はほとんどそうですが、肉厚の皮がもっちりしてグーです。わいこちゃんの表現を借りれば「とぅるん」としております。

おしゃベリーなお姉さんが言うことには、出身地の人々はほとんど焼き餃子は食べないそうです。これはよく言われる事ですよね。じゃ水餃子なのかといえば「否」 正解は
白湯スープで餃子を茹でる「スープ餃子」だそうです。それ作ってくれる?と聞くと、お姉さん速攻で厨房に頼んでくれました。それ以来、「スープ餃子」が大好きになりました。
s_gyoza.jpg

結論から言って、たいへん美味しい。ちょうど良い塩加減の透明なスープにもっちりした皮がベストマッチ。まさに「とぅるとぅるん」です。そしてただでさえジューシーな具がスープを吸いまくって、たいへんな事になっております。もちろん何もつけずにそのままで美味しくいただけます。これで1人前6個で420円は安い。

ホントは餃子だけシコタマ食べたいところですが、この店は罪作りで他のメニューも旨いんですわ。臓物系がダメな嫁(ん~?どっかで聞いた話だ)が子袋の前菜をガッツリ食します。
kobukuro.jpg

ビールいくらでも持ってこんかいッという感じ。最後は絶品焼きビーフンをいただいて大満足。スタンプカードもしっかりと押してもらいました。

自宅では味覇(うぇいぱー)という中華スープの元を使って市販の餃子でもチャレンジします。チンゲン菜とか野菜をたくさん入れてね。日本では「焼き餃子」を食べることが一番多いと思いますが、たまには変わった餃子もいかがでしょうか。

あぁ~でも大阪の一口餃子みたいな「カリッ」としたのも好きなんだよねー。結局美味しければなんでも良い、ということでお粗末!

| | Comments (16) | TrackBack (1)

2004.10.11

明日のlog

さて明日のlogは何でしょう?

ヒントは「ぎょーざ」です。
2号店で「私のぎょーざな日々」から始まり、福岡のえむ子ちゃんの超大作「えむ子のぎょーざな日々(完全版)」の2作品を公開しましたが、明日は「ぎょーざな日々」3部作の集大成の作品が公開されます。

「さてライターは誰でしょう?」ってほな書きファンならピンときちゃったかな。
私のマニアックネタが続いてくたびれたっしょ?ぜひご期待くだされ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マシン換装レポート4

昨夜はがっくり落ち込み開き直って爆睡。

今朝起きがけに突然閃いた。
「もしかしてレジストリのバックアップまだ残っているかな?」
dosで起動して確認。
「あっ、あった~!これや、これ。もっと早く気づけっちゅーの!」

restoreかけると見事にクリーンインストール直後のWin98復活。
また最初からになるけど、これなら作業も格段に早い。
今日は気晴らしにお散歩でもできそうな晴れ晴れ気分。

win98に512MB以上積むと大変なことになりまっせ。
実験にはくれぐれもご注意くださいまし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マシン換装レポート3

それは悪夢としかいいようがない。

2日間の換装作業で初期不良もなく、順調にWin98とWinXPSP2(OEM版)をマルチブート構成でクリーンインストール成功。SP2はノートン先生と火花散らして激突して手こずったが、ノートン先生に花をもたせた。
それぞれのOSのアプリもほぼインストール完了。残るOSはLinuxのみとなり、明日ゆっくりインストールする事に。

「今日はまだ時間がちょっとあるなぁ~」とワクワクして新しいマザーのパフォーマンスチェックにかかる。某ベンチでメモリ帯域のパフォーマンステストを実行。シングルチャネルの512MBだと約1.9GB/sしか出ない。納得できん!
850のデュアルでさえ約2.4GB/s叩きだしてた。(体感的には865の勝ちやねん)

デュアルだと1GBになり、Max512MBまでしか認識できないWin98では絶対にマズイ。アロケーションエラーは必至。
しかし、ここで引き下がっては男がすたる。Win98のシステムファイルをいじくり回し、1GB認識に成功!
帯域も2.5GB/sを超えてやれやれ。ハードな3Dベンチも完走して安眠のはずだった。

「あっ、Diablo2入れ忘れてたわ!」とWin98にインストール完了直前で悪魔のブルースクリーン・・・。
それから延々3時間も格闘。インストール中のレジストリ書き換えのタイミングでエラーが発生した模様。
Win98復活せず。バックアップしといたシステムファイルをリストアしても、セーフモードで何やってもだめ。

未だにXP非対応の古いゲームで遊んでいる私が欲張ったのがあかんのね。
また最初からやり直しってトホホでござります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.10

○○地獄

嫁log10   懐かしい~というか、ややこしい~
わいこ様のlogネタのコメントでこんなのがありました。
「ダンボールに布や毛糸がたくさんある。あれこれ作ってこれして‥と布を見ると夢が膨らんで、買っちゃうんです(えむ子ちゃんコメント)」

わかります。私の場合、それはビーズ。ダンス用アクセサリーを作る為に始めたビーズアクセサリー作り。普段はつけないであろうボリュームのあるものを作ろうとすると、たくさん買うので、たくさん余るんですよね。
しかも、安売り時や安いお店で買うので、あれもこれも、この色も、あらぁ、チェーンも安いじゃないと買ってしまうんですよね。

で、ひとつ作る → 余る → 別のビーズと組み合わせようと考える → 新しいビーズを買う

サイズとか色とか自分の好きにできるので、手作りっていいんですが、時々アクセサリー売り場などで「これ、こんな値段で売ってるのね」と愕然とすることもあり‥。

私の好きなグレゴリ青山氏(女性、以下グ様)の『ひみつのグ印観光公司』では、
布を買う → 作る → 余る → はぎれを組み合わせて何か作る → はぎれがはぎれを生む → はぎれのために何か作る
を「裁縫地獄」と書かれておられました。
私の場合は「ビーズ地獄」、○○地獄に足を踏み出してしまった方ってきっと多いでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.09

マシン換装レポート2

今朝は、ばっちり早起きしてさっそくマシンをばらしにかかる。

今回購入したM/Bは定番ASUSのP4P800SE。intel865PE M/Bの中でも売れ筋。
私はASUS製M/B初体験。理由は最大手に対する反骨精神。
過去にABIT、AOPEN、GIGABYTEと換装してそれぞれに満足。他に1社不満なメーカーあったけど内緒。

同じメーカーじゃつまらんから、そろそろASUSでも買うかと購入したが、さすが最大手メーカーの売れ筋製品。作りが実にしっかりしている。最新BIOS搭載&付属品も豪華。(以前はセカンダリー用のIDEケーブル入ってなかったり、マニュアル全部英語だったりで多少不満があった)

ユーティリティも豊富でびっくり。以前ASUSは他社より割高だったが、これは値段も高くない。日本語マニュアルもつい3年前ぐらいまでなかったはず。まったくいい時代だ。新旧マザー並べて記念撮影。

MB.JPG

左が新人P4P800SE、右が去り行くGA-8ITXE(GIGABYTE製)。
2年と7ヶ月本当にお世話になりました。換装時に毎回味わう哀愁。
さーてl865PEのパフォーマンスはどんなもんか楽しみ楽しみ。

やることまだ山ほどあるのに嫁のマシンでlog書いてる場合ぢゃないのよね・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

マシン換装レポート1

今日から待望の3連休。我が家の3万円換装計画実行の日がいよいよ来た。

予定外の出費で昨日届いた液晶モニターも順調にセットアップ完了。眩しすぎて目が痛い。思わず明るさを絞ってしまった。3Dゲームの描画も全く問題なく、ディテール部の描画は8年前のCRTの比ではない。4年前のCRTを使っている嫁さえも絶句。まるで浦島太郎にでもなった感覚。頼もしい相棒が仲間に加わり、今日の作業が一段と楽しくなるのは間違いない。

今回の換装理由はメモリ容量不足。Blog書くのに複数アプリを常時立ち上げて256MBでも重くなったからだ。今使用しているマシンは2台ともintel850搭載。しかもメモリはRIMM。Intelがあれだけ次世代メモリに推奨していたのは一体何だったんやろ?DDR全盛の今は1GB買っても2万円以内なのに、RIMMは512MBで2万円以上。下取り価格を考えると、さらに絶望的。

そんなわけで私のメモリを嫁のマシンへ寄付で512MBへ。私のマシンのM/Bはintel865を新規購入。
M/BとDDR400の512MBモジュール2枚は先週豪雨の秋葉で購入。しめて30858円也。
若干の予算オーバーが悔しいけど、まっいいか。

浪速レポートみたいにいつまで続くかわからんけど、今夜は遠足前夜の小学生の気分でござる。(^_^)v
今0時35分。cocologはこの時間帯でupできるかも楽しみでござるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.08

うぇるかむでござる

今日からまたしばらくの間、古巣で書きます。

書きたい時間に書き込める方がいいよね。

閲覧したい時に閲覧できるのも、大切だわね。

みなさま、今後もよろしくお願いいたしまする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main