« こだわりすとのFさん | Main | 第1回ほな書きファン感謝デー »

2004.08.29

自転車

嫁logNO7
昨日、土曜日の朝、すとれっちがドスドスと私(寝てた)のところに来て、「ねー自転車ないよ。もぉ、歯医者いくのにぃ。どっか置き忘れてきたんだろ、しょーがねーなーもぉ。車で行くけどさ、しっかりしろよぉ」とブリブリ怒って歯医者に行きました。

確かに、平日自転車に乗るのは私。特に月曜日の朝は訳あって必需品です。しかし、この前の月曜日は雨が降りそうだったので自転車には乗らず、その後も乗った記憶ないな、とは思いつつも探しに出かけました。
銀行、スーパー‥、やはり自転車はなく、その時、はっとひらめきまして。ある場所に行ってみると、ありました、家の自転車。

家に着くと、すでにすとれっちは帰宅していて、「自転車あったよー」と言うと「どこにあったんだよー」とすとれっち。
「あのさーあ、火曜日さ、イベントだったじゃん」と言うと、「知ってるよ、俺も行ったし」
「じゃあ、君はその日家から駅までどうやって行きましたか?歩いたんですか?」と聞くと、でっかい目を見開いてすとれっちはしばしフリーズ。
「う、チャ、チャリや。置き忘れたの俺か。」すとれっちが自転車を置き忘れて帰ってきたのは、実はこれが初めてじゃありません。大抵、土曜か日曜にやるので、肝心の月曜日に自転車がなくて困ったことがありました。そして、その自転車を取りに行くのも私、止めてあるのがいつも同じ場所なんで、今回も発見できたんですけどね。

いつの間にか、正座をしているすとれっちが「す、すまん、悪かった。雨も降ってるのに」と反省しきりなので、許してあげました。今までは、帰宅して靴を脱ぎかけたあたりで「あ、忘れた」と自分で気付くのですが、今回はなんと火曜日から土曜日まで約3日半思い出さなかったことになります。

その後、洗面所にいる私に、ドアから顔だけひょこっとのぞかせて、すとれっちが
「このことlogに書くんだろ?」と聞くから、「あったり前じゃーん。ギャハハ」と私。
「あそ、俺床屋に行ってくる」と言うから、「自転車に乗っていけるねー、ヒャーヒャッヒャッヒャ」と私。そんなわけで、今日のlogはこんなボケ話なのです。

|

« こだわりすとのFさん | Main | 第1回ほな書きファン感謝デー »

Comments

火曜日か・・・盛り沢山な一日でしたからね・・・。
でも、同じところに置いてある自転車のくだりで、つぼにどっぷん。

同じ血液型同士の夫婦でも、違うのですね・・・我が家ではもっぱら「すとれっちさん状態」が私、「すとれっち嫁様状態」が夫。
私は、たまーにお釈迦様の手の上で走り回る孫悟空の気持ちになり、「くぉんどこそー」と力むのですが、忘れた頃にやってしまいます。

すとれっち嫁様も、(美しいマドゥーリのような)お釈迦様のつもりで、すとれっちさんを走り回らせてね。

Posted by: F嫁 | 2004.08.29 at 09:22 PM

F嫁様コメントありがとうございます。こんなエピソードはたくさんあるんですよ。
でも、F嫁様がすとれっちと同じとは思えないけどな。

このネタは、長いし、シャレにならないと思われて、コメント来ないぞとすとれっちは満面の笑みで断言していたので、F嫁様からのコメント、大変嬉しいです。

Posted by: すとれっち嫁 | 2004.08.29 at 09:39 PM

F嫁さま。毎度おありがとうございます。

先日の私のボケネタで、「そういう時の私は、(腹減ったなー、お家に帰ったら・・・)なんて必ず考え事していて、みんなと違うことしてたりするの。」ってコメントをいただき、「うっ、俺も同じや」と密かに思っておりました。その通りです。どっかで緩みますよね?

今日の「たまーにお釈迦様の手の上で走り回る孫悟空の気持ちになり」で完全に納得です。私はたまにではなく、いつもそんな気持ちでフラフラしております。手の上からそれた時に、軌道修正させられます(あくまでも我が家の話ですが)・・・。

嫁が独立してからのlogにコメントしたことがない私ですが、今日初めてコメントさせていただきました。っていうか、せずにいられん状態でごぢゃります。

Posted by: すとれっち | 2004.08.29 at 11:51 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42611/1302455

Listed below are links to weblogs that reference 自転車:

« こだわりすとのFさん | Main | 第1回ほな書きファン感謝デー »